テネットの「挟撃作戦」から学ぶ整備士のペア作業

挟撃作戦とは?

テネットの映画の話は他の方のブログなどを見て知ってほしいので、ここでは「挟撃作戦」だけ説明します。

「時間の前後(巡行と逆行)から敵を仕留める」

SFの話なので、話半分でお願いします!つまりここでお伝えしたいのは

「二人での点検作業は工程の前後から挟み撃ちにすると効率がいい」

その根拠を以下に説明しいきます。

工程の前後で挟みうち

まずはなぜ「工程の前後なのか」

例えば左右でブレーキパッドの交換を分かれてすると、クォリティに差が生まれる。

前後でブレーキパッドを作業すると手間の違いにより、終了時間が異なる。

工程の前後だとお互いのスピードやクォリティが干渉することがなくなります。

一人は巡行でエンジンルームなどの点検。
もう一人は逆行で室内清掃やエアコンフィルターの交換など。

ミスの撲滅にも繋がる

ミスの撲滅には巡行同士だと気づきにくいです。
一人が逆手順から作業を見ることによって、ミスを発見しやすくなります。

電源コードとエアホースが絡み合う

リフトの周りにまとわりつくコード類。

二人で作業をすると絡まってしまうことがあります。

これも右回りと左回りに分けて動いていけば絡まるリスクが抑えられます。

スピードが違っていても干渉しにくい

経験の差で人によってスピードの違いがうまれます。

片方がしんどいことにならないように、ペア独自の工程管理のヒントになれたら嬉しいです。

コメント