次の次までのキャリアプランを考える。選択はひとつじゃない!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新卒入社の国産ディーラーは店舗数も規模も大きかったです。

そこでは新入社員への研修もしっかりしていて、仕事に順調に慣れました。

「絶対に全国大会へ行けるようになるぞ!」

気合いは十分でしたが、結果はミスが多い「できない整備士」でした。

ここで大きく挫折してしまい「一生平社員かな…」と考えるようになりました。

そんな時に社内異動があり、店舗が変わることになりました。

人も変わって新規一転。

イチから頑張ろうと思いなおし、なんとか難しい整備もできるようになれました。

この辺りの技術習得は別記事でご紹介いたします。

3回目の社内異動ではさらに上を目指せるようにと前向きに挑みました。

…が!結果はひどいパワハラを受けてしまい、軽く鬱になりかけました…

自分のメンタルの弱さを強く痛感し「給料も上がらない」「異動の度に下っ端になる」ことに嫌気がさして辞めてしまいました。

転職先も決まらないまま辞めましたが、気分はよかったです。

ゆっくり次のことを考えられて「自分探し」みたいなことに没頭しました。

明確な答えは出せませんでしたが、その後結婚した今となってはチャレンジできたことが多かったです。

後悔はないです。

貯金もゼロになり、好きな愛車も手放してからのゼロスタート。

転職や異動を繰り返す度にメンタルも気持ちもすべてリセットされる。

でも経験はマイナスではないです。

「かならず活きる経験をする」

チャレンジングなことは大事ですが、経験に落とし込み活かす気持ちがないとただの思い出です。

コンビニ夜勤のアルバイトや個人事業の経験、副業経験、一人旅。

大方よく言われる経験は積みましたが、ほとんど成果は出せてなかったです。

失敗経験の方が多いと思うくらいに。

「失敗から学ぶ」は正しい経験の積み方ですが、失敗までのチャレンジは脳に汗をかくくらいに頑張ってこそ、学べます。

多くはないですが、1つひとつ失敗から学んだことが誰かのアドバイスになれるようにまとめていきます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる