真夏に負けるな!整備士の時短で節約な洗車術!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

次のような方に向けた記事となっています。

真夏の洗車が苦手で、どうにかしたい

梅雨が終わる頃、真夏の洗車は水が気持ちよくて楽しいですよね。

初めて買った車は毎週、洗車してワックスをかけてと、カンペキな洗車を目指していました。

今では1ヶ月近く放置気味のズボラな1児のパパです\(^o^)/

家族がいると車の洗車の時間がとれず、時短を迫られてしまいます。

「洗車機でいいや」

・・・っと考えがちですが、土日になるとどこも長蛇の列。

お金もかかるし、節約の為にも駐車場で洗車ができる環境があれば、共に頑張りましょう!

ついでに

水の節約も考えた
整備士歴10年以上が伝える洗車術。

どうぞご覧ください!

※こだわりぬいた洗車術ではありません。

目次

はじめに用意するもの

  • ホースor水バケツ
  • お好みの洗車用洗剤or食器用洗剤
  • デカいスポンジ(洗車用スポンジならお好みのモノ)
  • がっしりとした脚立(車の屋根が届けばいりません)
  • 水をよく吸うタオル(お好みの洗車用で)

とくに高い商品はいりません。

ボディの洗車キズを気にするのならば、スポンジはこまめに変えたいところです。

水をかける前に・・・

車の周囲を半周ほど、ホースを伸ばしておきます。

理由はホースがタイヤなどに引っかかって、うまく取り回せないからです。

そしてバケツに洗剤とスポンジを入れてよく泡立てておきます。

ここまででくれば、洗車から拭き上げまで一気に進めます。

洗車の流れ

基本は上から下に洗車していきます。

そして日陰側から洗車をしていきます。

少しでも乾きにくい側から洗車をすることで、拭き上げがとても楽になるからです。

車の屋根の洗い方

駐車場によっては傾斜していることがあり、水の流れに沿うように汚れをある程度流します

次にスポンジで一直線に滑らせます。

「円を描かないように」や「こすらないように」などの洗い方のコツがありますが、

私は適当にやっちゃってます・・・

適時、乾かないように水をかけることを忘れずに。

ガラス面(車の上半分)を洗う

泡はたっぷり使って車の上半分を洗います。

ここで一度、泡を洗い流したら、屋根から洗った箇所を拭き上げます。

なによりも真夏は乾きが早いことが恐ろしいからです。

脚立を利用している場合も、上半分まで終われば片付けてしまいます。

思わぬ事故(脚立が倒れたり)を防ぐ為にも重要です。

水気を切れたら、車の下半分を洗います。

車の下半分は汚れに注意

下半分は泥ハネや砂などでとくに汚れています。

いつも目にする部分でもあるので、集中していきます。

ここは気をつけて!

ボンネットはキズが目立ちやすいので、洗い方に注意が必要です。

「洗車に失敗した〜!」というお声の大半がボンネットの洗車キズやムラです。

それほどに難しい部分なので、慣れない方はさっと撫でるようにスポンジを滑らせましょう。

汚れがあるからといって、深追い厳禁です。

側面、ホイールは泥ハネなどの汚れが特にひどいので、最終工程で仕上げるようにしましょう(スポンジが傷む為)

ここまでで、お気づきかもしれませんが

下半分に集中してほしい為に、上半分を終わらせてしまうわけです。

集中して疲れてくると脚立に足が引っかかって・・・お気をつけて!

時折、水しぶきが飛んでいたら拭いておきましょう。

仕上げの拭き上げ

お疲れさまでした。

難所の水の乾きとの戦いは終結となります。

ここからは気になる箇所を随時キレイにしていきます。

時間がなければここで終了です。

もし、時間があれば給油口や溝、窪みなど。

気になる部分をキレイにしておけば完成です。

さいごに

文章だけで書いたので、わかりにくかったかもしれません。

ポイントは

炎天下では上から吹き残しがないように、素早く終わらせる

につきます。

真夏は人間も車も洗車にはオススメしません・・・冷たい水が気持ちがいいんですけどね。

できれば真夏の洗車は「夕方で曇りの日」または「早朝」がオススメです。

雨が降るとわかっていても洗車がしたくなる・・・そんな洗車沼な世界もあります。

洗車し終わった車は気持ちがいいものです!ぜひ楽しんでやってみてくださいね!

それではまた。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる