自動車整備士が考えている伝える難しさと伝わらないジレンマ

専門学校時代、趣味などで知っている技術は知らない人からするとまったく理解してもらえないことが多々あります。私も知らない分野の話は理解できないことが多々あります。

ヒントは日常にある。

車のユーザー層に合わせて提案や説明をするのが得策です。
男性は機械に詳しかったりと伝わりやすいですが
例えば
主婦なら「家電」
若者なら「スマホ」
お年寄りなら「安全かどうか」・・・などなど。
相手に合わせた説明力というのは必ず必要です。

時には金額面や補償制度、安全面などもしっかり説明できなければ納得してもらえません。
一朝一夕で習得できるスキルじゃないので、専門学校で学ぶ頃から「人に説明する」能力を磨いてほしいです。
プラスアルファで勉強の理解度も深まります。将来、きっと役に立ちます。

人に説明ができるようになると逆に説明を上手く聞く能力も上がります。
「この人はこういったことを言いたいんだな」「きっと伝えたいのはこっちだ」など。
私も昔、コミュニケーションが下手すぎて先輩や上司によく怒られていました。

自分が伝えていることは思った以上に伝わっていない。

それを確認するために役立つのがTwitterだと思っています。
私はTwitterで発信をしているのですが、説明力をつける意味もあります。
いいねの数やリプのやりとりで「どう伝わったか」を日々アップデートできるので手軽で楽しめてコミュ力もアップです。

整備士としての経験だけでなく、フリーター時代、学生時代や日々の生活での中で
「いかに仕事に活かせるか」がとても大事です。
すべての経験を仕事に活かせば、成果となって返ってくる。

一石二鳥という言葉がありますが、捉え方しだいではいくらでも自分の価値を上げられると思っています。

伝える能力については道半ばで一生学ぶことだと思っています。
伝えるには相手が必要なのでいろんな方と交流できればと思います。

実際にTwitterでは多くの仲間ができて、このブログの開設も助けて頂いて活動するキッカケにもなった方もいます!

整備士ヒロが前向き/ポジティブな発信を続ける訳【自動車整備士を誇れる世の中に】
https://hiroadster.com/2020/12/about-automecanic-hiro/

https://hiroadster.com/

熱い記事を書いているヒロさんです!こちらで当ブログもご紹介していただいてます!
ありがとうございます!その他にもラジオ出演も決定しまして、またご紹介できればと思っています。

ぜひここまでお読み頂いた方はTwitterで「見たよ!」と伝えていただけると嬉しいです!

それではまた!