記事の編集中の為、リンク切れ等してるかもしれません🙇‍♀

愛車のために整備のことを考えてみる。車は機械であり、パートナー。

URLをコピーする
URLをコピーしました!

車というのは自由に走れる楽しい乗り物です。
人によって車との付き合い方は変わります。すべてに共通するのは「安心して乗りたい」です。
意識が薄くなってしまうことですが、車は時速100キロ以上で走れる乗り物です。
そんなスピード域でも安心して乗れるからこそ世界中で普及しているのです。

人間は怪我をしたり体調が悪くなっても自然治癒力で治すことができます。
自動車はまだそのような革新的な技術がありません。(一部、塗装が復元するような技術はあります)

そこで役立つ知識をまとめてみました。

目次

メンテナンス費用がどれくらいかかるか相談する。

車を購入する時からメンテナンスとの付き合いは始まっています。
具体的にまとめると

  1. 車を購入した店舗に工場は併設されているか
  2. 何年乗るのかをイメージする。
  3. 年間走行距離をイメージする。
  4. 愛車を長く乗るためのサポートをしてくれる整備士を見つけて欲しいです。

「そんなの想像できない!」と思われるかもしれませんが、だからこそ知って欲しいのです。
なぜなら整備費用は上記4つに関係してくるからです。

順を追って説明します。

車を購入した店舗に工場は併設されているか

小さな店舗だと販売だけを行っている店舗があります。
そういった店舗でも提携している工場があったりします。
営業の方に聞いて頂ければ教えてもらえるはずです。
愛車を任せるサービスショップなので知っておいて損はないはです。
場合によっては自分で探さないといけないので近隣の店舗などを探しておきましょう。

何年乗るのかをイメージする。

一人ひとり、カーライフは違います。
「これが正解!」があればいいのですが難しい問題です。
「結婚」「引っ越し」「子供」「転職」
すべては想像できなくても「ローンが5年だからそれくらいは乗りたい」などあるかと思います。
「そんなことわかってるよ!」と思わずに、聞いて欲しいのは

車検や維持の為の費用を計算に入れていない人が多いことです。

5年乗れば新車なら2回、中古車等なら2、3回あります。
「1〜3年で乗り潰すからいい!」など・・言われる方もいますが、オイル交換を怠っただけで1年でエンジンを載せ替えるはめに(しかも有償で)ってこともあります。

整備費用は目をつぶってはいけない大事な費用です。

年間走行距離をイメージする。

ユーザー

そんなの乗ってみないとわからない!

ここも完璧にと思わずにイメージしてほしいです。
「近くのスーパーなどに行くだけ」「子供の送り迎えに」「通勤で」などなど
グーグルマップで距離を調べて1週間で何回乗るかなどを計算して1年間の走行距離を計算してみてください。

年間走行距離が5千キロ未満の方
走行距離が短いためにバッテリーの寿命が著しく悪くなる可能性があります。
「ちょい乗りだから壊れない」は整備士からすると違います。
日本の道路事情はちょい乗りの多さと渋滞の多さで車にとっては過酷な状況なんです。

年間走行距離が1万キロ前後の方
感覚的なものですが、一番丁度いいペースで乗られているかと思います。
1年毎の点検や整備、2年毎の車検時に丁度いいペースで消耗品等が交換できることが多いと思います。

年間走行距離が3万キロ・・・などなど多く乗られる方
このくらい乗られる方はメンテナンスに対する意識が高い方が多いです。
整備士の案内をしっかりと聞いてくださって長く乗られる方が多いイメージです。
これからも大切に愛車に乗って頂ければと思います。

愛車を長く乗るためのサポートをしてくれる整備士を見つけて欲しいです。

最近では整備士から直接、整備説明や接客を受ける方も多いと思います。
整備士はよく「車のお医者さん」と表現されることが多いです。
実際に風邪をひいたりしてお医者さんから説明されると安心することって多いですよね?
その車版が整備士です!

ぜひ親身になってくれる整備士と仲良くなっていただければと思います。
きっと大事に愛車をサポートしてくれます!
業界的に強面な方が多いイメージですが、みなさんいい人ばかりです!
車好きなら話が合うこともあると思います。忙しいのでそこまで雑談できる機会が少ないかと思いますが、ぜひなんでも聞いてみてください。

おわりに

以上になります!お分かりいただけたでしょうか?

よければTwitter等でリプやDMを感想や質問を頂ければ嬉しいです!

[affi id=2]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる